ブログトップ

shop blog Petite africaine プティット・アフリケーヌ 

chicmavie.exblog.jp

織布、和とアフリカと。

b0207873_8332412.jpg

竹の棒で縦糸を交差させ柄を作り出していく。


COOVA(コーバ)さんの工場(こうば)を見学させていただいて、
いろいろご説明を受けました。
こんなシンプルな仕組みで、いかにして複雑な柄を織り出していくのかが、
今一つわからない脳みその薄さで・・・。感心しますばかりで・・。
ここでも間違った説明をするわけにもいかず、なんとも残念なことです(涙)

ともかくも、古代からこのようにして人々は「縦糸」「横糸」を織り込んで、
さまざまな縞柄やら格子柄やらを織り出してきたわけです。
それはたんに生地をまとう、防寒防暑といったものではなく、
まとうものへの人類の「こだわり」が、そうさせたのでしょうね。

それは洋の東西を問わず、
アフリカも同じ。
シルクロードを渡ってさまざまな技法が、
アフリカまで伝わり、またアフリカから発信され。

やっとここで「アフリカ」につながった(笑)

次回はアフリカの織布、紹介させてください!!



いつもありがとうございます!
Web Shopへはこちら
フレンチスタイルなアフリカ雑貨
プティット・アフリケーヌ


セカンドブログ☆~tamtamのアフリカは今日も快晴なりぃ

ランキング参加中です♪
ぽちっとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 雑貨ブログ 輸入雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by petiteafricaine | 2012-08-12 08:33 | とうきょうライフ | Comments(0)
<< ティサージュ~アフリカの織布~ 織物の工場(こうば)☆ >>